MDCS (MATLAB) サービス

このサービスは?

このサービスは、各ラボにおけるParallel Computing Toolboxを使ったMATLABによる並列計算を、理研クラウド実験サービス上でMDCS (MATLAB Distributed Computing Server)を使って高速に実行できるようにするものです。MDCSは、クライアントがクラウドシステム上でMATLAB関数を並列高速に実行することができる仮想サーバーです。このサービスのユーザーは、情報基盤センターのMDCSへの接続設定をするだけで、これまでと同じようにParallel Computing Toolboxを用いたMATLABによる並列計算を高速に実行することができます。

このサービスのユーザーは、自身のMATLABと計算に必要なToolboxのライセンスを保持して管理しますが、このサービス利用のための追加のライセンスは必要ありません。

現在は8ワーカーまでの並列計算を実行することができますが、需要が増えた場合、ライセンス上は将来64ワーカーまでの並列計算を実行可能にすることができます。


 制限事項・注意事項など

  • このサービスは、すでにMATLABや必要なToolbox(特にParallel Computing Toolbox)のライセンスを持っているユーザーに対して提供されるものです。MATLABやToolboxのライセンスを情報基盤センターが提供するものではありません。
  • このサービスは、理研内でOpenVPNないしはTunnelblickを用いてクライアントをMDCSに接続することで実現されています。理研外での利用はできません。
  • サービスはマルチユーザーで提供され、ユーザー間でのジョブ制御に制約は設けていません。無駄なジョブでワーカーを浪費することがないよう、節度のある利用を心掛けていただきます。また、利用状況によっては期待されるパフォーマンスが得られない場合があります。
  • プログラムの並列化や最適化に関するサポートはいたしません。ユーザーご自身でお願いいたします。
  • 本サービスは当面無償で提供いたします。

本サービスの詳細なお問い合わせはaccc-support@riken.jpまでご連絡ください。担当者の確実な対応のためにも電話ではなく、メールでのご質問にご協力をお願いいたします。